八王子老人ホーム リハビリテーション課より~重力病?~

2019/01/31 ブログ

哺乳類は 人間を含めて四足構造になっている。
垂直歩行は 人体の 構造上無理がある。
その典型例が『上行結腸』 その典型例が『上行結腸』 だ。便が だ。便が 重力に逆らって 重力に逆らって 下から上に輸送される。四足 下から上に輸送される。四足 ならすべて水平方向の移動だ。 人間が便秘するのは当たり前かもしれない。
重要な臓器である心が最も前面に のおかしい。正らく衝撃・敵重要な臓器である心が最も前面に のおかしい。正らく衝撃・敵弱点をさらしているようなものだ。
膝の構造も全体重を一つ軟骨で支える形になっている。
四足ならば四本の足に体重を分散できるだけではなく,大腿の屈曲が衝撃をや
わらげてくれる。
人は生まれながらにして重力と戦っている。
 内臓下垂,
 足のむくみ,
 血液の輸送上かなりの血圧が必要となる,
 首への過大な負荷,
 内臓を前面にさらける構造,
 正面からの衝撃を内臓で受け止めなければならない。
人が直立歩行を獲得した事でのメリットも沢山あるが,その代償に失ったもの
も大きい。
ならばどうしたらよいか・・・


休憩するときは積極的にゴロゴロしよう。横になろう。
畳の生活はとても良い。ゴロゴロする環境が整っている。
過度の西洋化は休憩時も半立位である坐位を取る。
人はゴロゴロして初めて本来の休憩となる。
であるから人は本当の休憩(睡眠時)は完璧に横になるのだ・・・。
私もちょっと横になろう!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社アルジャンメゾン紅梅
https://www.argent-maison.com

住所:〒192-0351 東京都八王子市東中野196番5号
TEL:0120-017-715

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇