八王子の老人ホーム 春の訪れ紅梅が咲くアルジャンメゾン

2019/03/09 ブログ

寒い冬も終わり、外へ出て暖かい風の中を歩きたくなる季節になりました。

何か嬉しいような、楽しいような気持になってくるのが春ではないでしょうか。

春の訪れの中で代表的なのが『うぐいす』。

鶯(うぐいす)『春告鳥』とも書くこの鳥は姿や声が良いので室町時代から徳川時代にもっとも盛んに飼育されていました。秋から冬にかけて【チャチャ】と鳴きますが春になると声変わりして『ホーホケキョ』とさえずる雌との出会いを求めて雄が鳴くからです。

俗に『梅に鶯』と言いますが梅の木を訪れる目的は花の蜜を吸う以外に梅の木に多いアカダニを食べる為です。この虫を食べるとホルモン状態が良くなり、よくさえずると言います。

また、春の野菜で思いつくのは春キャベツ。その名の通り春先に出回るキャベツが春キャベツです。中でも出始めのものを新キャベツと呼ぶこともあります。

春キャベツを手にするとふわっとしていて冬のものより軽く感じる事はないでしょうか?

冬キャベツに比べて大きさも小さく葉数も少なく、巻き方が緩いからふわっと感じるのです。切ってみると中まで淡い黄緑色をしていてみずみずしく、甘みもあります。春キャベツはそのまま生で召し上がることをお勧めいたします。

サラダにするのもよし、手でちぎってキャベツに味噌を付けて豪快にほうばるのも楽しいですね。

寒い時期にはロールキャベツなどの煮込みにも使われ体を温めてくれるキャベツですが、春の暖かい陽気の中サラダで食べると身体もシャキッとしてきますね。

今回は、日本給食サービスよりお送り致しました。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社アルジャンメゾン紅梅
https://www.argent-maison.com

住所:〒192-0351 東京都八王子市東中野196番5号
TEL:0120-017-715

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇