八王子老人ホーム~呼吸と姿勢~

2019/05/11 ブログ

人間の顔は前についており,腕も前に向かって動かし易くできています。

前方に向かって,何かしようと思うと姿勢は前屈みになる構造なのです。

 

前傾姿勢での仕事をした沢山した人ほど背中は丸まり易い・・・。

あなたの周りにもいらっしゃいませんか?

背中の丸まった方。

その方はきっと、働き者だったのでしょうね。

 

背中が丸まってしまうといろいろなことが起きてしまいます。

  1. バランスがとり難く転びやすくなる
  2. お腹の筋肉が働きにくく,好ましい姿勢がとりにくくなる
  3. 胸が開きにくくなり、胸いっぱいに息が吸いにくくなる
  4. 気分が落ち込みやすくなる         など

 

背中が丸まっていたら悪いわけではないのです。

無理して伸ばそうとすれば痛かったり,後ろに転びそうになってしまいます。

 

丸まっていても少しだけでも伸びることができれば,それだけでいいのです。

自分の体に合わせて,まずは今より猫背が進まないように,伸ばせるところは維持できるように,できるところから始めましょう!

 

私たちが呼吸をする筋肉は,実はお腹を(姿勢を)支えてくれる筋肉でもあるのです。

上手な呼吸を身につければ,姿勢改善に繋がりますし,呼吸ならいつでも・どこでも運動になっちゃいますね。

 

今回は,寝た姿勢や座ってできる運動をご紹介します。