パプリカ

2019/08/10 ブログ
ロゴ

皆さん、こんにちは。この暑い8月をどのようにお過ごしでしょうか。

体力が消耗しやすいこの時期に召し上がって頂きたい食材が数ある中で

「あれば食べるけど、無性に食べたくなるほどでもない」と思われる

「パプリカ」をご紹介いたします。

パプリカはピーマンより肉厚で青臭さがなく、甘みがあるので生でも食べやすい夏野菜。

ビタミンC、E、βカロテンがピーマンより多く、強い抗酸化作用で動脈硬化の予防や

美肌作りに効果を発揮します。

そんなパプリカですが、いまいち知名度がない。しかし、レモンという曲を大ヒットさせ

たミュージシャンがあるテレビ局のプロジェクトで「パプリカ」という曲を作りました。

これで、パプリカの知名度が上がると嬉しくなり、このミュージシャンは余程パプリカが

お好きなんだと調べてみた所、「歌うと気持ちいいから」「特に意味はない」と仰って

いました。その曲は2020年応援ソングでパプリカ応援ソングではありませんでした。

早合点はよくありません。(笑)

さて、そのパプリカですが、果肉が厚く、加熱してもビタミンCが壊れにくいのが特徴。

加熱するとふっくらとした甘みが楽しめます。βカロテンを効果的に摂取するには、

オリーブオイルで炒めたり、オイル漬けにするのがおススメです。

皮を剥くときは、全体が真っ黒になるまで直火や、トースターで焼き、水に5分ほどつけ

ると綺麗に剥けます。

冷蔵する時は、皮を剥いた後、水気に弱いので表面の水気をしっかりふき取ってから、保

存袋に入れて野菜室での保存をお勧めします。

冷凍する時は、皮を剥いた後使うサイズに先に切ってから冷凍するといいでしょう。

生のままカットし保存も可能です。

私のおススメ料理はラタトゥイユ(夏野菜の煮込み)です。

この夏も旬の食材を美味しく頂いて乗り切りましょう。

 

今回は、厨房の日本給食サービスからお送り致しました。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社アルジャンメゾン紅梅
https://www.argent-maison.com

住所:〒192-0351 東京都八王子市東中野196番5号
TEL:0120-017-715

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇