床ずれに円座クッション?

2020/11/23 ブログ

天動説から地動説へ定説が変わったようなスケールの大きい話でないにしても,科学の進歩により我々の常識は日々塗り替えられています。

そんな事例は,介護の中にもあって,『円座クッション神話』の崩壊もその一つです(私だけの感覚でしたらスミマセン…)。

今の常識は,円座クッションを床ずれ箇所に使用してはいけない。です。
※床ずれ⇒専門用語で『褥瘡(じょくそう)』と云います。

 

かつて,私が今の仕事に関わり始めた20年くらい前は,『褥瘡個所の除圧に円座クッションが向いている。』として使用されていました。
自宅でも病院でも施設でも見かけました。

(その他にも懐かしい褥瘡対応として,褥瘡部分にドライヤーをあててカラカラに乾かしたり,日光の下で甲羅干しなんかもしていましたね(笑))


(「医学の父」ヒポクラテスさんです)

その後,科学の進歩により褥瘡の原因や発生の仕組み,治癒の過程が解明され,その知識が広く周知されるにつれ,今では円座クッションは褥瘡を悪化させるので使用すべきではない。と正反対になっています。

いつ変わったかわかりませんが,私が2005年に読んだ専門書では既に円座クッションの使用を禁じていました。

しかし,現実はそうでもなく2010年,私が講師役となって行ったポジショニングの研修では,介護職の中にも円座クッション禁止を知らなかった方がいましたし,同じ年代に,ある患者様のご家族が『お医者さんから勧められて…』と,入院中のご家族の褥瘡治療用に円座クッションを購入なさっていた方もいました。

10年前でこの状況でしたので,今でもひょっとしたら知らない方は知らない,かも知れません。

そこで今回は,ただ『ダメ!』と言われても納得いかないと思うので円座クッションがいけない理由,円座クッションが褥瘡を悪化させるのはナゼか,まとめてみます。

はじめに,褥瘡がどのようにして発生するか,おさらいしておきましょう。

●褥瘡はどのようにして発生するか